Chair meeting

Chair Meeting

Chair Meeting 1816 1031 ieeeeduweek

2022 Kansai SB Chairs Meeting

概要

日時
2022年6月29日(水) 14:30〜16:00(予定)

参加者(敬称略)
    小森達貴(大阪大学)
    豊岡祥太(関西大学)
    一柳優太(京都大学)
    岩中絢祐(同志社大学) 欠席
    Mario Eduardo Aburto Gutierrez (NAIST) 
    佐々木研太(兵庫県立大学) 欠席
    清水智貴(立命館大学)
    塩見准教授(YP Chair)
    北川様(YP Vice Chair)
    福水准教授(SAC Chair)

議題
●    自己紹介
●    今年度の企画について
      ○    YP連携企画
            ■    社会人と学生の交流会
            ■    IEEE Kansai TOWERS
      ○    Chair Meeting
      ○    研究交流会
      ○    WIE連携企画(シンポジウム)
      ○    英語プレゼン大会
      ○    LMAG連携企画
      ○    年末交流会
●    記念撮影

Chair Meeting
●    6月29日(水)
●    Zoom開催(このミーティング)

社会人と学生の交流会
●    9月頃
●    MDCメンバーによる企業生活のプレゼンとフリートーク

IEEE Kansai TOWERS
●    10月上旬頃

研究交流会
●    9月頃
●    担当: 関西大学
●    各大学で持ち時間(15分+5分質疑)を作って発表
●    7月初旬に日程調整

WIE (Women in Engineering)
●    9月頃
●    担当: 同志社大学
●    女性エンジニアの活躍推進について知ってもらう
●    内容(昨年のもの,WIE側と話し合いが必要)
○    セミナー
○    ポスター発表(WIE側)
○    グループ・ディスカッション
■    座談会のようなイメージ
●    SB役員は主に宣伝を行う

英語プレゼン大会
●    10月〜11月頃
●    担当: 立命館大学
●    開催方法
●    ハイブリッド(対面+オンラインによる画面共有)で発表
●    SB役員の主な仕事
      ○    参加者の募集
      ○    会場(リモート会議)の用意

LMAG (Life Members Affinity Group)との合同企画
●    11月頃
●    担当: 兵庫県立大学
●    開催方法
      ○    参加人数:30人ほど
      ○    開催方法:未定
      ○    オンライン開催の場合:
            ■    ZoomやWebinarでの開催
                  ●    グループごとのブレークアウトルームを作る
            ■    ブレインストーミング用のツール
                  ●    Zoomのホワイトボード
                  ●    Miro
                  ●    企画の流れ
      ○    5~6人のグループを4つから6つほど作り議論
      ○    大テーマに関する(1)課題を挙げてもらい,(2)克服方法を考えてもらう
      ○    時間は3時間
      ○    時間配分は各グループの裁量に任せ,適宜休憩を取ってもらう
      ○    Chairが時間を見て進行のガイドをする
●    過去のテーマ例(参考)
      ○    AIが社会に与える影響
            ■    課題例
                  ●    AIは本当に人間を超えるか?
                  ●    自動運転は本当に実用化されるか?
                  ●    SB役員の主な仕事
      ○    LMAG、ブレスト講師の方との日程調整
      ○    アプリ等の使い方
      ○    詳細な進行の決定

年末交流会
●    12月頃
●    担当: 京都大学
●    反省会や次年度Chairとの顔合わせなど

記念撮影